太陽を見方に電気代節約

『太陽光発電 工事』 最新ツイート

@solarmatome

太陽光発電システムの設置工事は、家庭用5kwクラスであれば本体自体の設置なら2日間程度で完了します。 それに工事用足場の設置と取り外し、事前の設置場所チェックを含めても、のべ日数で1週間にも満たない簡単な工事です。

4時間前 - 2019年10月23日


@solarmerit

現在国内シェアでトップのシャープは、導入コストが低いのが魅力。 また、施工工事や周辺機器を含む太陽光発電システム全体に10年間の保証を適用できるなど、設置後のサポート体制が万全なのも安心できるポイントです。

6時間前 - 2019年10月23日


@nigrum_gloria

【 重要 】今日、太陽光発電パネル設置メーカーが来たのですが、是非皆さんに知っておいて欲しいです。 洪水になった際、太陽光発電は何があろうとパネル自体が『発電』するので、漏電して火災の原因になります。設置に際してよく調べてから、工… https://t.co/U5sLCcfxXL

7時間前 - 2019年10月23日


太陽を利用して発電しよう♪

太陽光発電の工事は業者選びが大切

太陽光発電を導入する場合には取り扱いをしている専門の業者に工事を依頼することが必要になります。
大規模な施設を要するものから家庭にも設置出来るものまで存在しているので目的に合わせて決めることが不可欠です。
太陽光発電は工事費だけでなくソーラーパネルの品質なども考慮して選ぶことが大事です。
効率良く発電が出来るようなタイプに決めることで初期投資の費用の回収も早くなります。
また長期的に使用をすることを考える場合にはメンテナンスなどのアフターサポートの充実度も確認しておくと良いでしょう。
豊富な工事の実績のある業者の場合には熟練の技術を持ったスタッフによって作業が行われるので安心です。
太陽光発電は自治体によって補助金の制度も存在しているので導入をする前に色々な情報を集めておくとコストを抑えることが可能です。
クリーンなエネルギーを使うことで地球の環境に配慮もして快適な暮らしを実現出来て素晴らしいといえます。

太陽光発電の工事内容

最近は、自宅にも太陽光発電を設置する家庭が増えてきています。
しかし、実際にはどのような流れで工事を行うのかといったことはわかりにくい面もあるかもしれません。
そこで、太陽光発電の設置のための工事の流れとしては、まず職人さんが屋根に登っていって、屋根の部分に専用のパネルを設置します。
それと並行して、設置したパネルから電線を下におろして、それを接続箱につなげるという作業を行います。
続いて、室内において、配電線の工事を行います。
配電線に関しては、主にブレーカーの近くに取り付けることが多くなっています。
一通りの作業が終わったら、試運転をしてみて、異常があるかどうかを確認していきます。
このような作業の時間としては、よそ7時間から8時間くらいの時間がかかると考えられます。
太陽光発電を設置してから、数週間後に売電メーターと呼ばれるものを設置します。
この売電メーターを取り付けることによって、余った電力を売却することができるようになります。

pickup

2015/12/2 更新

Copyright © 2015 太陽を見方に電気代節約 All Rights Reserved.